ゴールデンウィークが終わり、グラッポロ銀座は5月9日(月曜日)から通常営業になります。
3年ぶりに行動制限のないゴールデンウィークでしたが、いかがお過ごしでしたでしょうか。

お店のお皿を探しに、陶器市に出かけておりました。
訪ねたのは、信楽焼きで有名な滋賀県の「信楽作家市」です。
3年ぶりの開催で、信楽の作家や県内外から、150名を超える作家が信楽に集まります。


20220502


新緑が眩しい「県立陶芸の森」には、食器や花器、雑貨など、
それぞれの作品およそ10万点が展示・販売していました。

S__3579910

作り手の方と直接お話しできるのも楽しみの一つ。

S__3579912

作品はよりどりみどり、盛付けを想像しながら一枚づつ見て行きました。

S__3579911

5月5日までの4日間で、約2万人の来場があったとのこと。
また、是非お邪魔したいです!

S__3579913

信楽焼きといったら・・・NHK連続テレビ小説「スカーレット」と「信楽たぬき」

dramap_1

ドラマロケ地を巡るドラマップがあったり、陶器市会場ではドラマ挿入歌が流れたり
「スカーレット」は信楽の街を知るきっかけになっていますね。

S__3579908

この”たぬき”くん、至る所に大量におりまして・・・
縁起物として大事にされているのがわかります。

S__3579914

「幼なとき 集めしからに 懐かしも 信楽焼の狸をみれば」

昭和26年(1951年)昭和天皇が信楽の地に行幸された時に詠まれた歌です。

日丸の小旗を持たせた信楽たぬきを沿道に並べお出迎えしたことで、
信楽たぬきは全国的に有名になったそうです。

うちにも小さいたぬき君を頂いてきました。
「他を抜く」たぬきの置物は、商売繁盛になるかな?